るんるんが3つ目に旅をしたのは、兵庫県!

写ルンです旅すルンですの3箇所目は兵庫県 巡った場所

るんるん(「写ルンです」の愛称)が旅をした三つ目の場所は、兵庫県。

兵庫県在住の田中ユキコ(作家名)さんと色々巡ってきたようですよ。

わっ!届いたっ!さぁ撮りに行くぞ!
田中ユキコ
るんるんって?という方は↓こちらから!

兵庫県神戸市東灘区本山町の保久良山

兵庫県神戸市東灘区本山町北畑680

一つ目の「灘の一つ灯」は、阪急岡本駅から30分ほどで登れる山の上「保久良神社」鳥居前にある石灯籠です。

古代より舟の道しるべとして灯し続け、江戸時代に石灯籠になり今は電灯で灯しています。

保久良神社の宮本である北畑地区の人々が守り続けている灯です。

小さな子供でも、気楽に登れる山であり、実際に小学校の頃から登っていました。近隣住民にとって、なじみ深い神社でもあります。

東灘のだんじり祭りでは、本山地区の年ごとの担当地区が、この神社の神輿を担いで降ろします。

国道43号線陸橋

阪神大震災は、1月17日5時46分52秒に発生 もう25年も経ちました。

明け方の地震に揺り起こされ、何が起こったのか、どういう状態なのか、どうしたらいいのか、倒壊は免れたもののガラスの飛び散った家の中、生活の心配よりも、まず安否確認に奔走。

いろいろな事実に打ちのめされ、それらを何とか乗り越えるまでのことは申しますまい。

阪神高速道路が倒壊したのを知ったのは、電気が復活した後のテレビの画面でした。

43号線は3号神戸線の高速道路と二階建て。 高架下の柱は、もちろん強力に作り直されましたが、それでも倒れることが無いとはいえない。

地震とはそういうものだと認識しています。 そして地震を感じる度に、これは震度1だ、震度2だ、と思う余震の日々を思い出す。

その後の大きな地震に遭われた方々も、同じでしょう。日本は地震のある国です。

白鶴酒造記念館

兵庫県神戸市東灘区住吉南町4丁目5−5

灘は酒所と言われてるなぁ。歩いていけるし、酒蔵めぐりでもしよう。 思いがけず相性のいいお酒と巡り会えるかもしれない。 と、実行に移した。今回は数回目。

回ってみると、日本酒には種類が多い。

「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」そして、純米吟醸酒・純米大吟醸酒、生酒・生貯蔵酒・生詰、精米歩合が、どーやらこーやら。

それら、すべて、ほっといて、本気で比べようとしたけど、実際に試飲させてもらえるものと、試してみたいものが同一とは限らず、いろいろな新商品も出てくるし、値段帯もバラバラ。

でも、散歩として楽しいです。 ちなみに自分は灘の酒でなければいけないという輩ではありません。

でもって、美味しいものと美味しいお酒は、ゆっくりすわってを楽しむのがいいよなぁ。と思うのでした。

写真・文/田中ユキコ

おわりに

飲んで、考えて…の兵庫県を後にして「るんるん」次なる目的地へ進みます♪

お土産を持って着いたのは、愛知県!

どんなお土産を持って行ったのかな?